ENTRIES
COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

人斬り以蔵稽古日誌

東北大学学友会演劇部2011年4月新入生歓迎公演
<< 「人斬り以蔵」開演延期のお知らせ | main | 新・公演日程が決定しました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
4月19日(火)1か月ぶりの稽古!日誌
 お久しぶりです。岡田以蔵役の松井です。
昨日、待ちに待った稽古が再開されました。よってここに稽古日誌を更新します。

まず、先月の地震から今日までのおおまかな流れを書こうと思います。

先月発生した東日本大震災により、我々の新入生歓迎公演「人斬り以蔵」は一時稽古が出来ない状態になりました。幸い公演メンバー、部員は全員無事だったのですが、大学側の意向や公演メンバーの状態などにより、稽古が一カ月休みとなりました。
また、大学側の予定も大幅に変更され、新入生の歓迎が大きな意味を占める我々の公演も延期となりました。詳しい日時については、近いうちに制作から発表されると思います。

ですが、稽古が休みになったからと言って我々が何もしていなかったわけではありません。
役者の中には、家で筋トレをしたり、ガスがでないから行水したり、洗濯棒で殺陣の練習をしていた者もいると聞きました。スタッフさんもきっと、見えないところで作業をしてくれていたと思います。
また、4月に入ってからはしばらく自主稽古をしていました。
自主稽古では時間をかけてお話をしたり、ワークショップをしていました。

そして18日、第六ホールに公演メンバーのほぼ全員が集まり、長いお話をしました。
公演「人斬り以蔵」をやるのかやらないのか。その意味。
公演をするとして、個人が参加するのかしないのか。
とても長い時間をかけて、じっくり話しました。
答えは次の日に、とのことで18日は解散しました。

19日、再びたくさんのメンバーが集まり、1名以外のメンバー全員が参加すること、公演をやることが決定しました。迷った方もいると思います。ですがこの公演をやることはとても大きな意味があると思います。個人としても、東北大学学友会演劇部としても。自分にとっての意味をなにか見つけられたら素敵ですね。

前置きが長くなりました!私の担当は19日の稽古日誌なので、ようやく本題にはいります!

19日(火)稽古日誌!
久しぶりの稽古だというのに、理由あって7時から始まりました。

まずは前述した話し合いをしました。
そしていつもの成井式。
筋トレ
発声
休憩してから
台本に変わったところがあったのと、久しぶりだったのとで台本回し読み
そして1場〜3場の立ち稽古をしました。

久しぶりだったので荒いところだらけでしたが、楽しかったです。
稽古って楽しいんですね。ビバ!6ホ!

と、再開した稽古初日はこのような感じでした。

では、再開したことに喜んでばかりいないで、本番にむけて気を引き締めていきましょう。
残り一カ月、ここからが勝負です。
全員で!がんばりましょう! 
改めて、よろしくお願いします。

あらあら、こんなに長くなってしまった…

ちょ、長文失礼しました。

次の稽古日誌は書きたい人どうぞ!

まつい


| 稽古日誌 | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:27 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック